排水処理設備事業

自然浄化法リアクターシステムによる排水処理

自然の力で、水をキレイに。

古来より自然の沼や湖において行われている汚泥の浄化は、土壌中に生息する土壌菌群の働きによるものです。
この土壌菌群の働きを、標準活性汚泥法に付加したシステムを自然浄化法(REACTOR-BIO-SYSTEM=rbs)と呼んでいます。
このシステムは1983年に内水博士の理論に基づき発明された技術であり、基本的な処理フローは標準活性汚泥法と同様です。
自然浄化法リアクターシステムでは、処理槽内に設置されたバイオリアクターで土壌菌群を誘導・培養することにより、有機物の分解・浄化を行います。

自然浄化法による排水技術の特徴

悪臭を抑制する

不快臭がなく、馴養が進むと土の匂いがします。

抗菌作用が強い

抗菌作用が強いため、大腸菌などの有害細菌が減少します。
蛆が死滅し、蝿の発生を抑制します。

窒素分の除去性能が高い

土壌菌群・すなわち通性嫌気性菌が多い。
亜硝酸菌、硝酸菌、脱窒菌も多く、排水中の窒素分(アンモニアなど)も効率よく除去します。

設備がコンパクト

返送汚泥を流量調整槽へ入れることにより、流量調整槽においても一部のBOD除去が可能となるため、曝気槽の容積が小さくなり、全体的に設備がコンパクトになります。

埋設しないので低コスト

地下への埋設工事が不要です。そのためトータル施工費用が抑えられます

余剰汚泥中に土壌菌群が多いため、肥料化が容易

CNTの自然浄化法リアクターシステムについて
※仕様は変更になることがございます。
摘要排水
  • 食品加工排水処理施設
  • し尿処理施設
  • 生活排水処理施設
  • 飲食店排水
  • 旅館業務排水
  • 仕出し業務排水
  • 厨房除害施設
  • 学校給食センター排水処理施設
  • 鶏卵洗浄等、畜産排水処理施設
  • 農業集落排水処理施設
  • し尿雑排水
  • 排水再利用システム(中水道システム) など

バイオリアクター
バイオリアクター

処理前・処理後
排水処理前・処理後


 
槽内の水がここまできれいになります。

用水路への排水も一安心です。(写真:長田うどん様)
用水路への排水も一安心です。

(写真:長田うどん様)

香川県環境保健研究センターによる性能実態調査結果

日間試験
流入水
採取年月日 時刻 容量 水温 pH BOD COD SS n-Hex T-N T-P
L mg/L mg/L mg/L mg/L mg/L mg/L
H17.1.28
(参考)
7:42 140 4.8 1400 920 2300 440 31 18
8:16 560 6.3 300 110 190 120 7.5 2.6
8:58 500 6.5 970 290 250 90 21 3.5
9:42 500 6.5 1600 1000 420 130 27 3.9
10:42 500 6 1300 880 750 200 28 3.5
11:23 500 6.6 1200 920 620 74 16 2.6
11:52 500 6.7 1800 1100 280 160 23 3.1
12:10 500 6.8 1800 1100 280 98 23 3.7
12:30 500 6.8 2000 1300 750 180 31 3.9
12:49 500 4.2 1600 1100 400 130 24 4.0
13:00 500 4.5 1600 840 470 160 18 3.0
13:13 500 4.3 1400 820 690 170 28 4.3
13:30 500 5.1 830 550 300 120 13 2.1
14:00 500 4.4 1300 720 300 110 20 3.2
14:37 500 4.3 1500 1100 540 88 26 3.7
15:33 500 5.1 1500 930 300 65 26 3.1
16:10 500 4.6 820 410 460 140 15 2.2
16:35 650 5.2 530 200 240 47 14 2.1
日間試験
処理水
採取年月日 時刻 流量 水温 pH BOD COD SS n-Hex T-N T-P
L mg/L mg/L mg/L mg/L mg/L mg/L
H17.1.26 10:30 0.56 7.5 7.1 21 18 <0.5 55 0.2
11:00 0.14 7.6 8.1 22 14 <0.5 54 0.2
12:00 0.3 7.7 8.2 22 11 <0.5 59 0.2
13:00 0.31 7.8 6.9 18 8 <0.5 64 0.1
14:00 0.25 7.8 5.9 17 8 <0.5 68 0.1
15:00 0.31 7.7 6.9 19 9 <0.5 64 0.2
16:00 0.29 7.6 12 21 13 <0.5 60 0.2
17:00 0.08 7.4 270 320 720 3.4 88 2.7

うどん店での高濃度排水処理への実績

株式会社CNT環境事業部は、この自然浄化法リアクターシステムを利用し、平成16年11月に、香川県うどん店排水処理開発支援事業に選定されています。
香川県内はもちろん、県外・全国の高濃度うどん排水処理施設において、多くの実績を積み重ねています。
近年のうどん排水に関する環境問題は、多くのメディアに取り上げられるほど。
香川県のうどん業界でも、条例を意識した行動が目立ってきております。自然浄化法リアクターシステムだと、コンパクトな設計で済み、さらに臭わないという利点が、うどん業界に受け入れられています。

平成16年11月 香川県うどん店排水処理開発支援事業選定

うどん店導入事例

排水処理のその他の導入事例はこちらから

実績一覧
業種 場所 水量 ( ㎥ ) BOD ( mg/L以内 )
うどん店排水 香川県高松市 1 2400
徳島県鳴門市 6 2000
香川県高松市 20 2000
香川県高松市 5 1000
香川県高松市 3 2000
香川県仲多度郡 4 2150
香川県高松市 10未満 2000
香川県高松市 2.5 1500
香川県高松市 4 2000
香川県三豊市 1 3870
香川県観音寺市 4 2000
香川県坂出市 8 1500
和歌山県和歌山市 2.5 1500
香川県観音寺市 1.5 3000
香川県三豊市 1.5 2000
香川県高松市 3.5 2000
香川県丸亀市 1 3500
愛媛県松山市 3 2000
香川県善通寺市 6 1000
香川県高松市 15 1000
香川県木田郡 8 1200
香川県仲多度郡 5 2000
香川県善通寺市 0.3 6000
徳島県名西群 3 2500
大阪府貝塚市 6 1500
菓子工場排水 徳島県鳴門市 15 6000
香川県観音寺市 40 300
香川県高松市 4 2500
ブロイラー排水 香川県坂出市 30 700
香川県高松市 40 550
香川県三豊市 40 500
香川県綾歌郡 45 600
弁当工場排水 徳島県徳島市 40 600
香川県東かがわ市 40 500
製麺工場排水 香川県さぬき市 30 1000
三重県伊賀市 2.5 1150
洗卵排水 香川県高松市 5 2000
パーラー(搾乳関連)排水 香川県高松市 20 400
高濃度オリーブ排水 香川県小豆郡 4 3700
香川県小豆郡 0.1 48000
畜産養豚排水 香川県さぬき市 5 4000
静岡県富士宮市 8.3 3333
静岡県富士宮市 2.4 3333
精米洗浄排水 香川県さぬき市 3 12000
岐阜県羽島群 3 5700
香川県さぬき市 3 12000
給食センター排水 香川県坂出市 8 500
清涼飲料水残渣排水 香川県綾歌郡 1.5 45000
リンゴ酒製造排水 ⾧野県伊那市 0.7 200